カテゴリー「音楽」の記事

フーバーにせん

Dsc05296

宇都宮の遺跡公園です。

勤務先の会社の真裏にこんな場所がありました。

 

パソコン用のスピーカーが壊れました。

修理に出して、8000円程度で済みました。

良かったです。

 

さて、今までは音楽再生するのにiTunesを使ってました。

これで音楽再生していてスピーカーが壊れたので、別にiTunesが悪いわけではないんだけど、なんとなく良い機会なので、再生ソフトも変えることにしました。

そこで、前から気になっていた音質の評判が良いという「foobar2000」と、asio4allは試みたけどよくわからなかったので、「ワサピ」を組み合わせて使ってみることにしました。

それが、なかなか良いです。

mp3でも結構違いが分かるくらい、良くなりました。

この部分の音がよい!とか明確な感じではないですが、全体的に鮮明になって、より自然になったというか、聴いていて感動が増しました。

変われば、変わるもんですね。

 

ただ、ちょっとiTunesに比べ、慣れてないので、使いにくい。

けどiTunesに比べ軽い。

いろいろカスタマイズできるようですが、何せ英語でよくわからんです。

日本語パッチは設定画面しかならないようです。

まぁでも、音楽選んで聴くだけならなんてことないので、これからもフーバーを使っていこうかと思います。

アコースティックな夕べ

5月にACIDMANの日本武道館公演に行きましたが、そのDVDが今月末に出ます。

その先行上映会が浦和の映画館で行われたので、行ってきました。

メンバーの方々もばっちり登場してくれて、楽しかったです。

映画館なので200人位しか入れないので、会場も狭く、それだけ近かったですよ。

トークは相変わらずドラムの人がいじられてました。

大きい画面で迫力ある音で聴くと、DVDとは言え家で見る時とは雰囲気がだいぶ違いました。

ホームシアターってこんな感じなんだろうな、と妄想を膨らませておりましたよ。

Img0071

また、アコースティックでセルフカバーしたアルバムも同時に出るので、そのPVなんかも見れました。

その一部がこの写真です。

帰り際にこのポストカードをくれました。

来月はそのアコースティックライブに行ってきます。

今年に入ってすでに3回もACIDMANに会ってます。

来月で4度目。

世間ではチケットが全然取れなくて苦労しているファンもいるそうです。

来月は渋谷なのですが、プレミアチケットだそうです。

へへへ、楽しみですなー。

ACIDMANはとてもかっこいいので、ぜひとも聴きましょう。

◆ACIDMANの好きな曲セレクト

 ・イコール

 ・ファンタジア

 ・FREE STAR

 ・ALMA

さぁ、いますぐ、ようつべで検索!

ベボベのライブも行ってみたいなー。

ベースがオオキのACIDMAN

2011年

5月1日

Dsc_0046_2

18:00

2度目のACIDMANワンマン

日本武道館

Dsc_0043_4


強風

たまに雨

グッズもたくさん買えた買えた

 

演出がzepp tokyoと違って派手で、すごかったー。

zeppは後ろから見て、武道館では上から見てたからかもしれないけど、会場の一体感が半端じゃなかった。

DVDとかでは伝わらないところです。

 

MCはグダグダ感もなく、良かったです。

FREE STARは相変わらず、すごすごすごすごすぎです。

一番気持ちいい曲でした。

under the rain とcarve with the senseの繋ぎすごかった。

どっかにworld symphonyを入れてほしかったなー。

 

SE.最後の国(introduction)
01.風が吹く時
02.ONE DAY
03.飛光
ーMCー
04.波、白く
05.式日
06.赤橙
07.FREE STAR
08.water room(inst.)
09.真っ白な夜に(instrumental)
10.ノエル
11.OVER
ーMCー
12.レガートの森
13.Final Dance Scene
14.Under the rain
15.CARVE WITH THE SENSE
16.ある証明
17.2145年
18.ワンダーランド
ーMCー
19.ALMA

EN
01.Can't Help Falling Love
02.シンプルストーリー
03.Your Song
04.廻る、巡る、その核へ

 

次の音源は何かな~。

楽しみです。

LIVE TOUR ALMA at ZEPP TOKYO

初ACIDMANライブ。

初ZEPP TOKYO。

いやーよかったですよ。  

気持ち良いライブでした。 

まず、ZEPP TOKYOの入り口前狭過ぎ。。。

人で溢れ返って何がなんだか・・・。

欲しかったカーディガンは即完売でした。

Dsc_0041  

チケットは一般のかなりぎりぎりで取れたので、入場は一番最後でした。

元々一番後ろで大人見しようとしていたので、まぁ良いんですがね。

一緒に行った会社の後輩は身長193cm。

自分も183cmあるので、そこそこ高いほうだと思ってましたが・・・。

まぁおかげで、一番後ろでもよく見える二人なわけです。

隣で一人で来ていたと思われる女性は、とても小柄で。

多分全然見えてないんじゃないかなぁ、って感じでしたが、ハンパじゃなく盛り上がってました。

 

好きな曲の「式日」をやってくれたのはうれしかったなー。

みんなサビでぴょんぴょんしてました。

予想外だったのはOVER。

多分会場みんな感動したと思いますが、FREE STARのイントロは神でした。

コスモが広がってました。

音源から過去のライブで間奏のギターがアレンジされてましたが、こんなにどんどん化ける曲だとは思いませんでしたよ。

 

あと、water room(inst.)やるとは思わなかった。

インストの中でもちょっと異質な感じがしてます。

一番好きです。

定番の曲は全然良いのですが、アルバム曲は・・・ちょっと完成度が・・・。

まぁ、初日ですからね。

最終の武道館も行くので、どんななるか期待。

 

ACIDMANは式日、FREE STAR、ALMA、ファンタジア、2145年などなど、とにかく綺麗なところが好きなんです。

メロディもだし、曲全体の雰囲気が凄い!

ライブではそこまで出すのは難しいですが、でもよかったー。

 

最終日はどう来るだろうか、初日のセットリストです↓

SE:最後の国(introduction)
01.風が吹く時
02.ONE DAY
03.飛光
-MC-
04.DEAR FREEDOM
05.波、白く
06.式日
07.赤橙
08.FREE STAR
09.water room(inst.)
10.真っ白な夜に(instrumental)
11,ノエル
12.OVER
-MC-
13.レガートの森
14.Final Dance Scene
15.Under the rain
16.ある証明
17.2145年
18.ワンダーランド
-MC-
19.ALMA

EN1
01.シンプルストーリー
02.CARVE WITH THE SENSE
03.廻る、巡る、その核へ

 

よく見ると、定番の曲でやっていないものも多い・・・。

それだけ、いろんな曲があり、いろんな組み合わせでお楽しみいただけるってことですな。

 

ドラムのイチゴのMC、生で聴けてうれしかったー。

 

LIVE TOUR ALMA

いよいよ今週末からACIDMANのツアーが始まります!

『LIVE TOUR ALMA』

運良く、初日zepp Tokyoと、最終日の日本武道館が取れまして、とても幸せです。

ALMAはいい曲なんですよ。

最初のAメロのベースかっこいいねー。

あの、溜め感? 音がいいのかな。

かなり良い雰囲気を作ってます。

2回目のAメロの和音、泣けるねー。

間奏なんか単純なのに、すごい!

夜空の星が見えます。

 

ライブの感想はまた書かせてもらいます。

 

 

最近PS3が壊れました。

発売してすぐ買ったので、当時は今よりも3万円くらい高い値段で買いました。

初期PS3はPS2のソフトも出来るので、今でも人気のようですが、良く壊れることでも有名だそうです。

我が家のPS3も、遂にやられました。

大量のセーブデータと共に・・・。

 

と、言う事で来月でるPSPのFF4までの暇つぶしに、昔のソフトで遊ぶわけです。

  

『428』

9193mlpzl__aa1500_

しぶや、でもなく、よつや、でもなく、よんにいはち、です。

舞台は渋谷です。

かまいたちの夜、忌火起草、などのホラー系とは違い、ヒューマン系です。

気がついたら涙する場面もいくつかありました。

これだけ大勢の人が出てくるものだと、一人や二人、好きになれないキャラもいるけど、みんな何か引き付ける物を持っているのです。

それは、シナリオ選択式だからこそ、一人ひとりの気持ちになれ、楽しさや辛さも一緒に感じられるからではないかと、思うわけです。

ドラマ化、いや映画化でもしてほしいですな。

3DSでイシイジロウさんの新作も出るようですが、3DSは高くて買えない・・・。

 

2年ちょっと振りに、ブログをはじめました。

長続きしますように!

Fly Away

空を群れで飛ぶ鳥たちの中にも こんなぼくみたいなのがいて

先の道を示す者への劣等感持ったやつがいるかな?

ベランダの向こう遠く見えてる 街まですぐ行けるのに

 

ずっと気になってたあのコが誰かと共に暮らしてくんだって

僕はそんな傷付いてはいないけど取り残されたような気分さ

でも あの虹の向こう側まで 行かなきゃわからないもんな

 

未来はこの手の中に今もある

定められた道なんてどこにもない

僕はあせってばかりで 身動きさえとれずにいたけど

Someday I'll Fly Away

空をはばたいていいくのさ

 

夢で見たブルーの上着が まだあるのならば手に入れたいな

明日それで出かければ 一日中 自身を持ってさ 歩けるから

そんな風に僕は今日を生きれる 街まですぐ出かけよう

  

未来が降り立ち 日々が過ぎ去っても

誰も僕を壊すことなどできない

僕はここに立って歌い続けるだけさ 飛び遅れた鳥として

虹を超えられる日まで

 

ある人がみんなにとって太陽のような存在なら

僕は僕さ 海のようになれればいいのさ

 

未来はこの手の中に今もある

定められた道なんてどこにもない

僕は夢見がちな ただの男だけど

誓うよ

Someday I'll Fly Away

空をはばたいていいくのさ

GOING ATASHIn'CHI GROUND

『あたしンち』の第2集8巻見ました。

毎巻8話収録されているんだけど、これまで340話くらい見てきて、特に面白い話ばかり入ってる!

も~笑いっぱなしで困ったよ。

番組開始当初から比べれば、全体の表現やキャラ自体の雰囲気も変わってはいますが、昔のも良く、今のも良いのです。

どちらかが色あせていることはありません。

回を増しても面白続けてますから。

父なんか

『知らん』

『いらん』

『風呂』

『寝る』

とか単語ばっかで喋るしw

ハーイ、ンチャ、バブーしか言わないイクラちゃんと変わらんぞw

相変わらずユズヒコは良いキャラしてるよ~。

母の存在感はいつでも健在ですが、それが飽きることなく楽しませてくれるのです。

キャラでなく、人間に近いセリフのトーンや、言葉が好き。

楽しい一家だね~。

  

 

さて、最近

GOING UNDER GROUND

にはまりました。

それをバイト場のHさんに言ったら

『古いですね~』

とか言われた!

そうなの?

最近まで聴いたことなかったからわからんのだよ。

好きなモノ、ハヤリと一緒で結構グルグル巡って、自分の中で盛り上がる時期があるよね。

GOING UNDER GROUNDも昔なら相当はまっただろうな~って感じで、今はまりました。

なんか、懐かしい感が強い。

ナツメロ泣きバンドって感じ?

GOINGは、サビよりBメロが良いのよ、ほとんどの曲。

自分の中の気持ち良い部分がほんとくすぐられたぁ。

 

サッシ会社から冊子

懐メロ第2回!

約6000曲のシャッフルからの1曲目!

今回はコチラ↓

 

little by little/『雨上がりの急な坂道』

 

これはね~TBS系の大好き五つ子ちゃんのオープニングテーマでした。

ボーカルが女の子なんだけど、微妙なハスキー具合が好きね。

ノリノリなポップですよ。

 

 

さて、内定を頂いたYKK APさんから、初のコンタクトがありました。

封筒が一通。

も~ほんと緊張。

何が記されているのだろう。。。

開けてみると、一冊の冊子と、A4の紙が一枚。

『入社までにこれを読んで、当社への理解を深めてね☆』

と書かれていました。

その冊子は、社内報みたいな感じで、社外秘です!

って書いてあるぞ。

さて、早速読んでみますよ。

配属先やら細かいことは3月に知らせてくれるそうです。

そしたらまた報告しますですよ。

 

愛のメロディー

元旦に発売された、KOKIAのニューシングル。

『愛のメロディー』

良いね~KOKIA節は何回聴いても色あせず、癒されます。

あんまりいないよね~こういうの。

シングルとかアルバム出すたびに、

またこういうのか・・・

とか思っちゃったりするアーテイストもある中、KOKIAもまぁ特別新しいことしてるわけではないけど、何故か良いのです。

表現力はどんどんアップしてる気がします。

  

そういえばドコモさんから702の発表がありましたが、SO902はまだですか?

そろそろ携帯なくして2ヶ月経っちゃいますよ?

お願いします~!

 

千年メダル

今ハイロウズのベストアルバム聴いてます。

いや~やっぱ良いね。

というか、正直こんなにカッコよかったっけ!?

って思っちゃったよw

 

初期のほうが好きですが、中でも千年メダルが一番好きな曲かもです。

最近だと十四才とかToo Late To Dieが好き。

 

Blog Parts

  • working
フォト